2011年12月13日

冬コミに参加いたします。

冬コミに参加いたします。
その情報と、拍手のお返事などを少し……

>不謹慎胎内断面図開発さん

「内緒のココナッツ」を簡単に調べると、結構古い作品(1992年〜94年だから、いまから19〜17年前の作品ですね)ですが、掲載誌小学館の学年誌だった事もあり、調べるまで知らない作品でしたね。
なんとなく大林宣彦監督が映画化した『転校生』(1982年)を思わせる展開の漫画のような感じでしょうか?(こちらも男女入替わり物)
あと元祖男女入替わり漫画に『ボクの初体験(著・弓月光)1975年』と言うのがあり、こちらは当時としては、かなりHな漫画(基本はドタバタのギャグ漫画……コメディでしたけど)で、かなり古い作品になりますが、現在でも集英社の漫画文庫版で入手可能ですので、是非にとお勧めできる名作です。
(しかし掲載された雑誌が、少女マンガである『週刊マーガレット』なのだが、どう見ても男性向けにしか見えないぞ……)
ちなみに白目を剥いて、意識を失っている女性の姿は……大好物です!(笑
御飯を大盛りで2杯はいけます!
(それが眼鏡っ娘なら、さらに2杯はいける!)

>追記さん
(ちょいと長文で刺激的な文章ですので、反転して表記しました)

人は何でも食べる(雑食と言う意味でも)生物なのは間違いないでしょうね。
単純に生きるために食べると言う肉体的な意味の他に、好奇心と欲望、あるいは心理的と言うか精神的な意味で食べる場合も多いと思います。
その例で言うなら、人肉食とかもそれほど奇異ではないと言える可能性もあります。
自分の知識(と言う過去に見聞きした情報レベルですが)でも、日本を含む世界中に置いて、人肉(もしくは骨、ないし内臓など)は、万病に効果のある薬、または特定の病(性病であったり、精神の疾患であったり、結核や心臓病、特定の個所に対する治療、不治の病と称される様々な病気や障害)に対する特効薬として、公的に、または秘密裏に、噂レベルから医学書レベルで広く認知されておりました。
(現在は、否定的な見解が大半を占めているようですが)
それらを考えると、人肉ないし人体を要した各種の薬などが、現在も流通しているのも納得は出来なくても、理解する事は可能かも知れませんね。
(最近の医療における、各種の遺伝子レベルでの治療や、人体の細胞を使用しての治療、または人から……その方法は様々かも知れませんが……抽出した各種のホルモンや抗体により治療も、大きく見てみれば、過去の人肉などを使用した医療行為と同一の部分があるかもしれません……それ故に色々と問題が定義されております)
ちなみに紹介のあったサイトの画像は、悪意のあるフェイクの可能性が高いと自分は判断しております。
(画像の共通性、及び意図的に並べられている画像の成否が証明できないと言う点から……)
古い話ですが、「ギニーピック」と言う特殊技術によって制作された、SFXの人体破壊殺人ビデオのオリジナルビデオが発売されて、しばらくしてから海外で、本当の殺人ビデオの一部だと言う触れ込みで、広く拡散された事があります。
(むろんの事、ビデオにはフェイクである事が明記されておりました)
ビデオを見た人が、本物の殺人ビデオだと誤解するほどの出来だったかは、微妙な所ですが、このうわさが広まった原因のひとつは、噂だけを聞いて、実際の画像の一部だけを見た(または見せられた)人が、その真贋を自分の意思で確認すること無く、本物の殺人ビデオであるという点だけを話題にした事により、広く本物の殺人ビデオであると話が拡散されたと予想されます。
(ちなみに実際に本物の殺人ビデオであると思っていなくても、その方が話題的に面白いし、刺激的な話題だから……と言う事で、意図的かどうかは別にして、噂を拡散した場合が多いと思われますが……)
今回の紹介画像やテキストなども、その様なものの一部ではないかと自分は判断しております。
(とは言え、全否定はしませんと言うか、出来ません……それを含めての人の考えであり、意見だと思いますから)



★ 冬コミ

告知が遅れておりますが、冬コミ(C81)に参加いたします。
三日目である。
『31日(土曜日) 東館3 G42b 「カエルの御宿」』
でございます。
当日の領布物の予定は、過去に出しました同人誌各種(たくさん在庫がありすぎますので……笑)と新刊が一種!

今回の新刊は、新作のエロ小説でして、表紙はこんな感じで……ございます!

c81hyousi.jpg

いや……うえの方で、何か偉そうな事を書いたわりに、今回の新刊がこれかよ!
と言う突込みがあるかもしれませんが……『これが俺の趣味と嗜好だ!』と言う事で、何卒ご勘弁を……笑

小説の内容と展開は、女の子が強姦魔に餌食になって、それを見ていた同級生にも犯され、さらに拉致された挙句ダルマにされて、犬に犯された挙句に……と言う酷い展開のお話です!
いえ、今回挿絵を描いて頂いた御方のリョナというかダルマというか鬼畜と言うか……そんな絵が凄く魅力的だったので、こんな内容の本になりましたわ。

他にも、こんなシーンもありで、月工仮面様にもすばらしいリョナ画像を描いていただきました。

c81sasie1.jpg

そして今回も音声つきと言いますか、テキストの一部(ヒロインの部分)をネット声優の御方に朗読して頂きました。
でも朗読して頂いた音声を聞いたら……陵辱される悲鳴と叫び声ばっかりでした!
もう少し構成を考えろよ……俺……
でも朗読して頂いた音声は、素晴らしい出来でございました。

もう少し詳しい情報は、こんごHPなどでもアップしますのでお待ちを……

と言う事で、今日はこれにて!





posted by 蛙雷 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知情報